福島市全市一斉放射線量測定マップ(平成23年6月17日、20日実施)
使用測定機器 堀場製作所 PA-1000(Radi)
8月1日に福島市において全戸配布された「福島市全市一斉放射線量測定マップ」について、より見やすく拡大し、福島市民以外の方にも閲覧できますように、個人的にスキャニングして公開いたします。
以下のサムネイルをクリックいたしますと、拡大画面をご覧いただけます。
計測結果の概要 ドットマップの凡例 渡利地区から笹谷地区にかけて
   
渡利地区から中心市街地にかけて 中心市街地 森合、御山、泉、南沢又、北沢又、笹谷地区
渡利地区 岡部地区 大波地区 
 
南向台地区  蓬莱団地地区 立子山地区 
 
飯野地区 八木田、方木田地区  小田地区 
松川地区  庭坂地区  庄野地区 
鳥川、佐倉、荒井地区  水原地区  吾妻高原地区 
在庭坂地区  土湯地区  茂庭地区 
 
飯坂地区  飯坂地区中心部   
 
8月2日に、福島市の全戸に「市政だより」とともに「全市一斉放射線量測定マップ」が配布された。これは、今回の東日本大震災にともなう東京電力福島第一原子力発電所の建屋爆発事故によって放射能汚染された福島市内の放射線量測定地点1,118箇所について、その値ごとに色分けして測定地点のドットを表示したものである。原図は細密で見づらいため、地区ごとにスキャナーによって拡大した画像をここに提供することにした。橙色と赤色のドットはスキャニングによって識別が困難となったが、橙色のドットは2.0μSv/h以上なので、そのように理解していただければ幸いである。

このコメントについては、僕のブログ「やまがっこう」8月2日の記事に多少述べておいた。